fbpx

ブログ

中国輸入アパレル転売が危険な理由!物販のプロが徹底解説!

中国輸入アパレル転売が危険な理由!物販のプロが徹底解説!

今回のテーマは、アリエクスプレス、中国輸入で仕入れた商品を自社ブランドとして出すのは違法かどうかについてお伝えしています。

今後中国輸入でODM、OEMを始めたいと思っているのですが心配ですという問い合わせを頂いたのでその悩みを解決致します。

記事の最後には初心者が物販ビジネスを軌道に乗せるための無料プレゼントも紹介するので是非最後までご覧ください!

物販に関する個別の質問はLINE@で受け付けています!

アリエクスプレス、中国輸入で仕入れた商品を自社ブランドとして出すのは違法?

昨年末にガクトさんやローランドさんが参画したプロジェクトで有名な中国輸入商品を自社ブランドとし、真似をしたというニュースが流れたのは知っている方もいるかと思いますが、そもそも中国の商品を自分のブランドとして販売して良いのか?私の見解をお伝えします。

結論から言いますとほぼ違法ではないということです。

ただし、ハイブランドやブランドとして販売されている商品を真似て出すのはNGです。

例えば有名なところではバーバリーというブランドがあります。

下記商品は、これで18万円する商品となっています。

この商品を1688で画像検索すると下記のような商品が出てきます。

同じ商品ではないですが、似たような商品が約100元で販売されており、2000円以下で購入ができます。

しかしこういった商品を販売してしまうと大変なことになるということです。

バーバーリーリミテッド

2年前にバーバーリーリミテッドというところが、バーバーリーチェックという柄で、色々警告を出したという時期がありました。

その時は、商品の削除であったり、アカウントの停止というのが色んなところで行われました。

私もこの柄の商品というのはたくさん売れたので、販売していたのですが、実際にアカウントを止められたということもありました。

ひどい時は、裁判まで行われるということなので、個人事業主、企業問わず、こういったものを販売してしまうと大変なことになるので、知的財産権と商標権を侵害する商品は絶対に出品しないようにしましょう。

ノーブランドの商品

ただし中国にはノーブランドの商品がたくさんあります。

楽天、Yahoo!ショッピング、auPAYマーケット、Amazonなど色んな販路で販売されています。

実際Amazonでは下記のような商品が出てきます。

この商品のブランドに関しては、タグとかロゴ、パッケージを作るという方法があるのですが、たぶんタグだけを付けて販売しているのではないかと思います。

このAmazonのページの下の方を見ていくと、同じような商品が出てきます。

そのままアリババの写真を使っていますので、ブランド名だけが違う商品がたくさんあります。

こちらも1688のアリババで調べると同じ商品がたくさん出てきます。

こういったところから仕入れて、タグだけ付けて販売しているということです。

これが違法なのかということですが、違法ではなく物販の普通の販売方法になります。

それは日本での大手であっても、中国の商品をパッケージで作ったり、商品の品質をしっかりチェックして日本で販売しているというのは、当たり前のように行われています。

OEM・ODM

このような商品がなぜたくさん出ているかというと、実際に1688のアリババでOEM、ODMを調べてみると、それだけで色んな商品が出来てきます。

化粧品とか食べ物も出てきますが、その他にカバンであったり服であったりが出てきます。

アリババの1688に工場の方が、OEM、ODMしますよと大々的に出しているということです。

実際にこちらの電子ピアノのカバーというのも、トップページ上にOEM、ODMを支持しますよと書いてあります。

実際にこういったところを代行業者を通して連絡をすれば、商品の色を変えたりとかポケットを増やすなどが容易にできるということです。

もっと言えば、この商品のまま、ロゴだけを擦り込んでいるということです。

特に電子機器などは改造すると、費用がすごくかかりますので完成品にロゴだけのパッケージを作るという手法で販売されています。

OEMで自分の設計で作っていく場合は、1ロット=1000個というのが基本です。

例えば、この皮の鞄であれば、単価を落とすために沢山に原材料を入れます。

いくつ取れるかというところから計算して、1個の値段が出てきます。

そのため、OEMは工場がたくさん商品を作らないと利益が出ないということになります。

ODMというのは、中国の規制品にロゴとかタグとかパッケージを作って出せる訳ですから50個とか100個からできますので、まずODM、OEMをされる方は、ODMからはじめることをおすすめします。

まとめ

本日のテーマはアリババやタオバオ、アリエクスプレスで仕入れた商品を自社ブランドとして出すのは違法?」

物販大学では初心者が物販で10万円を稼ぐまでのロードマップを具体的に紹介した、「物販ガイドブック」を無料でプレゼントしています!

興味ある方はLINE@から「物販ガイドブック希望」とメッセージをください!

中国輸入で仕入れた商品を自社ブランドとして出すのは、ほぼ違法ではないということです。

ただしハイブランドやブランド品を真似て出すのは商標権や知的財産権を真がする恐れがあるので注意です。

ですので代行業者などに確認をするのをお勧めします。

自分でODM,OEMは普通に行われているので問題なく販売できるということです。

中国の商品を仕入れて自分のブランドで販売するのは当たり前の販売方法であることを認識してください。

中国輸入について更に詳しく知りたい方は下記記事も参考にしてください

【中国輸入】規制商品で逮捕!?転売初心者の失敗あるある5選!

【初心者向け】中国輸入転売を始めるのに必要なもの7選

中国輸入で月50万円を稼ぐ方法【物販・転売中級者向け】

中国輸入の無在庫・有在庫を徹底開設【初心者に向いている販売方法とは?】

中国輸入のやり方【売り上げが立つまでの流れを徹底解説】

URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top