fbpx

ブログ

かどさかまさみの4日間転売無料講座

*門坂征美公式無料メルマガ

 

公式LINEに「プレゼント88」もしくは「スタンプ」を送って頂けましたらYouTubeに公開していない中国輸入特別講義の動画をプレゼントさせて頂きます。これから輸入を始めたい方、勉強されたい方には非常に価値のある動画内容になっていますのでぜひ受け取って活かされてください。

 

【中国輸入oem】Amazonカタログを外注依頼した場合の費用はどれくらい?

【中国輸入oem】Amazonカタログを外注依頼した場合の費用はどれくらい?

今回のテーマは「【中国輸入OEM】Amazonカタログを外注依頼した場合の費用はどれくらい?」というテーマについてお伝えします。

この記事を見ることで、Amazonカタログを外注依頼した場合の費用の相場観が分かります。

記事の最後には、初心者が物販ビジネスを軌道に乗せるための無料プレゼントや無料の白抜き画像処理ソフトも紹介するので是非最後までご覧ください!

私は元々、飲食の仕事を30年勤めた後脱サラし、せどりと中国輸入で物販ビジネスを7年経験した後、物販で起業しました。

「中国輸入OEMでAmazonカタログを外注依頼した場合の費用はどれくらい?」

と問い合わせが多くありましたのでお答えします。

Amazonカタログとは

カタログとは、Amazonで商品を紹介するページのことです。

ではカタログについて説明していきましょう。

今回紹介する内容は下記の通りです。

  1. カタログの画像は非常に大切
  2. 最近のカタログはレベルが上がってきている
  3. Amazonのカタログはまだまだ楽天に比べると品質は負ける
  4. Amazonカタログを外注依頼した場合いくらくらいで作成可能なの?
  5. 画像は7枚準備する
  6. メイン画像は白抜きでなければいけない
  7. デザイナ―はあくまでクリエイターなのでデザインや表現が得意

①カタログの画像は非常に大切

カタログの画像は非常に大切です。

Amazonのカタログというのは、商品を見ることのないネットビジネスにおいては、カタログを見て購入を決めるので非常に大切です。

ここを疎かにすると商品が売れなくなる可能性があるので、カタログ画像にはこだわるようにしましょう。

②最近のカタログはレベルが上がってきている

最近のAmazonカタログはレベルが上がってきています。

私も3年前から中国輸入を行っていますが、最近のカタログは動画が入っていたり、商品の見せ方が綺麗になっています。

どんどん品質が上がっているので、それよりもいいものを作っていかないといけません。

③Amazonのカタログはまだまだ楽天に比べると品質は負ける

Amazonのカタログは、まだまだ楽天に比べると品質は負けます。

楽天を見て頂ければ分かりますが、写真の枚数や制限がないので、色々な見せ方をしています。

Amazonは商品写真が7枚と決まっているので、その中でいかに凝縮してアピールするかがポイントになります。

④Amazonカタログを外注依頼した場合いくらで作成可能なの?

Amazonカタログを外注依頼した場合、1枚1,000円~3,000円が相場になっています。

外注先は、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラというところで募集すれば集まってきますが、値段に比例して品質が変わってきます。

例えば、3,000円出せば高品質なカタログが出来ますし、1,000円であればそれなりのものというのが一般的になります。

やはり、いいものを提供するということであれば、予算をかけた方が良いでしょう。

⑤Amazonのカタログ使用画像枚数

Amazonの現在の規定では、7枚までの画像が登録できます。

白抜きが1枚目で2枚目からは普通の画像でOKとなっていますが、これは数カ月か何年後か先には変更となる可能性があります。

⑥メイン画像白抜き必須

Amazonではメイン画像は白抜き必須です。

白抜き画像作成は簡単に見えますが、思ったよりも手間が掛かかるので依頼をするのが基本です。

自分でも作成することは可能ですが、品質を求めるのであればプロにお願いするのが良いでしょう。

ただし費用が掛かります。

⑦デザイナ―はあくまでクリエイターなのでデザインや表現が得意

デザインナーはデザインや表現を考える専門家なので、画像の構成やパターン文言は自分で考えて指示する必要があります。

自分が指示した内容を具体的に形にするのがデザイナーです。

基本構成はライバルの良いところを真似するようにしましょう。

自分が売ろうと思った商品と似た商品のページを見て、いいところを参考に自分のカタログに反映させましょう。

また、他サイトの楽天などのサイトの販売ページも参考にすると良いでしょう。

まとめ

本日のテーマは【中国輸入OEM】Amazonカタログを外注依頼した場合の費用はどれくらい?でお伝えしました。

物販大学では初心者が物販で100万円を稼ぐまでのロードマップを具体的に紹介した、「物販ガイドブブック」を無料でプレゼントしています!

副業で物販を始めたい方は公式LINEに登録後「物販ガイドブック希望」とメッセージください!

誰でも簡単に白抜き画像を作れるソフトはこちらから利用できます。

  • カタログの画像は非常に大切
  • 最近の商品ページはレベルが上がってきている
  • Amazonはまだまだ楽天に比べると品質は負ける
  • Amazonカタログを相場は1枚1000円~3000円くらい
  • 画像は7枚準備する
  • メイン画像は白抜きでなければいけない
  • デザイナ―はあくまでクリエイターなのでデザインや表現が得意

カタログ作成は売上に直結する重要な作業なので画像の構成や文言はしっかりと考えなければいけません。

良くわからない方は公式LINEで連絡いただければアドバイスさせていただきます。

Amazonについて更に詳しく知りたい方は下記記事も参考にしてください

【Amazon転売】中国輸入で爆儲けできる商品リサーチ大公開!

【amazon 転売】よくある工場の品質 サンプルなど 知らないと必ず失敗する中国輸入 OEMの実

なぜせどりはいつもAmazonから嫌われるのか?その理由を解説

Amazon 中国輸入 本気でOEMしたいなら工場がカギ

【Amazon】プライベートブランド オリジナルブランド OEM の極意

【Amazon】商標登録 1年先に勝つためにオリジナルブランドを立ち上げ独自販売するその理由

Amazon広告 スポンサープロダクト オートターケティング マニュアルターケティングの概要

URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top