fbpx

ブログ

せどりと中国輸入の違い 40代50代から始めるにはどちらがいいの?

せどりと中国輸入の違い 40代50代から始めるにはどちらがいいの?

生徒
生徒
今回はせどりと中国輸入の違いやメリット・デメリットについて教えていただけたらと思います。
門坂 征美
門坂 征美
これもよく聞かれますが、「せどりは稼げないのか?」そうではないと思います。物販すべて、輸入であろうが輸出であろうが、稼げるのは稼げます。ただし、初心者が一番リスクなく簡単にできて、利益が取れるものは何かというと、中国輸入なのですね。なぜ、せどりが中国輸入に劣っているのかというと、私が7年前に物販を始めた時に、初めの4年間はせどりをやっていたのです。せどりは日本の市場(国内店舗)でも一番大きくて、誰でもやっていると思います。それほど簡単にできる手法なのです。確かに商品を売って小遣い程度にはできます。しかし、それをビジネスにはなかなかできないというのが事実なのですね。私も4年間独学でやってきて、結局、最終400万円の借金になりました。せどりは有在庫なので、仕入れるためにお金を払って、全部売れればいいのですけれど、有在庫には不良在庫が出ます。お金が物に代わってしまって、稼いでいるつもりが負債を抱えてしまうというところがあります。
そして、デメリットは安定して仕入れができないこと。これがせどりの厳しいところです。ヤマダ電機やブックオフ、ネットショップで調べて、その時には仕入れられても、次がないのですよね。ここが一番大きい。安定して仕入れられない、利益率は約10%。ここが他のビジネスを比べた時に、ちょっと厳しい。小遣い稼ぎではいいのですけれど、これをビジネスとして自分で独立してやるというのは、まず本当に限られた人しかできないということです。ですから、初心者はここには手を出さないほうがいい。
もう1つは、アマゾンでの出品です。今、いろいろと規制が厳しくなっています。7年前は何でもありだったのですが、今は、パナソニック、ソニー、タカラトミーなどのブランドものは、真贋調査といってどこから仕入れたのかを出さないと、もう売ることができないのです。安易にせどりをしてしまうと、売れると思ったものが売れないとか、いろんな問題が起こります。だから、もう今からは参入すべきではないと、私は思います。それであれば、もっとリスクの少ない、利益率のいい、商品も安定している中国輸入をやったほうが、絶対いい。これは私の経験から言っていますので、間違いないと思います。

生徒
生徒
サラリーマンの方がよくせどりをしていますが、会社の仕事が終わってから店舗に買い付けに入ったり、時間がない中で買い付けた商品を家で梱包したり、発送連絡をしたり、お客様対応をしたりという作業は、厳しいですよね。
門坂 征美
門坂 征美
そうですね。有在庫でも、せどりでもそうでしたけれど、当時私は、アマゾンのFBAというところに2000商品くらい届けていたのです。160の箱の中の何百という商品にバーコードを貼るのですが、もうめちゃくちゃ時間がかかります。その時間と労力は、とてつもなく大変です。そういった意味で、この無在庫を私が提唱しているのは、中国からお客様に届けること。もう自分は商品を見ないのですよね。検品・梱包・発送はすべて代行がやってくれます。あなたがサラリーマンで、商品を出品して売れたら、代行業者に「これを買ってね」と連絡するだけです。だから、1時間2時間でできる。これをせどりと比較してください。私も休みに店舗に行っていましたが、店を1日10軒くらい回っても、売れる商品がないということもあるのです。この労力に対して、家にいながらパソコンでコーヒー飲みながらリサーチして、出品ができる。こんな効率のいいビジネスはないと思いますね。
生徒
生徒
サラリーマンや主婦の方は、せどりから入る人が非常に多いのです。中国輸入はまだまだ知られていなくて、ニッチなほうだと思うのですが。なぜ、皆さんがせどりに行かれると思いますか?
門坂 征美
門坂 征美
私もせどりから始めたのです。まったく知らなくて本屋に行ったら、アマゾンの販売という本があって、それを見て、個人でも売ることができるのだと知って。では何を売るのかと、不用品をまず販売したんですよね。しかし、皆さんもご存知のように、家に売る物がたくさんあるかというと、不用品はいつか尽きるのです。そうすると、どこから仕入れるのだ?となり、やはりせどりという手法が大事になってくるのです。ヤマダ電気に行って7割引のものを買ってくるとか、ネットショップで古い安いものを買って、それを定価で売ったり。要は、安く仕入れて高く売るということです。そういったことは簡単にできる。家にいながら近所のブックオフやホームセンターに行ってもできるので、だから、皆さんが簡単に始めて、アマゾンへの出品も誰でも簡単にできるということで、需要があるということですよね。
生徒
生徒
せどりで儲けられるという話を聞きますが、儲けられる商品、利益をたくさん得ることができる商品は取り合いになるのですよね。だから、仕入れに困るということですよね。
門坂 征美
門坂 征美
そうですね。ご存知の方もたくさんいると思うのですけれど、土日、祝日にヤマダ電機やブックオフに行くと、スマホを片手にチェックしている人がたくさんいると思います。7年前でもすごかったので。横を見ると、皆がスマホを持って並んでいるというような状況、そんな中で商品を探せるかということですよね。それだけやっている人が多くて、商品自体が少ないわけですから、取り合いになるのです。そこが一番のデメリット、先程言った安定した仕入れができないということです。稼いでいる人がどうしているかというと、大きな会社と提携して直接卸をしているとか、ヤマダ電機の店長と仲良くなって古い型の機種を横流ししてもらっているとか、そういうルートがある方は一般の方に普通にいないので、もうそこを考えたら、売る物がないということはわかっていただけると思います。
生徒
生徒
今回は、せどりの質問に対してお答えいただきましたが、門坂さんがいつも発信している中で、YouTubeの動画で参考にしている方がいらっしゃるんですよね。
門坂 征美
門坂 征美
いろいろな物販の方の動画も観ているのですが、物販の技術、スキルも大事なのですけれど、やはりマインドも大事なのですよね。そう考えると、今、日本ですごい方は、皆さんもご存知だと思いますが、鴨頭さんなのですよね。この鴨頭さんという方は、頭つるんつるんの方です。すごい情熱で話してこられます。私もあれぐらいで話せたらいいのですけれど、たぶん倒れますよね、血管が切れてしまうと思うのですけれど。あの方の情熱、言っていること、素晴らしいと思います。私も昔、前職であの方の講演を聴いたりして、すごく刺激を受けましたし、何かパワーをもらった感じがします。私も、今も鴨頭さんの動画を観てマインドのところは学ばせてもらっています。鴨頭さんと私の違いは、鴨頭さんはマインドで元気づける、そのベースのところですよね。しかし、私はそれをもとに次の具体的なノウハウですね。やはり、稼ぐにはマインドだけでは稼げないですよね。そういう意味では、鴨頭さんのところでマインドを学んで、次に、私のところでノウハウを学んでもらうと、具体的に何をしたらいいのかを学べると思うので、鴨頭さんを観て、私を観てもらうと、一番いいかなと思います。ぜひ、日本で有名な鴨頭さんの動画を観ていただいて、私の動画も観ていただくと、あなたは絶対に成長すると思いますので、
生徒
生徒
鴨頭さんからはマインドや人生の勉強ができて、元気が出る。しかし、門坂さんがおっしゃたようにそれをお金に換えるというのは、なかなか難しい方が多い。全員が講演家になるわけではないし、話上手になるわけでもない。話すのが不得意で苦手な方もいます。では、なぜ物販がいいのかというと、先の動画で門坂さんがおっしゃったように、物に価値があるから。鴨頭さんの動画を観てマインドを育てて、それから物販をしたらどうかという提案ですよね。
門坂 征美
門坂 征美
まったくその通りで、私のところには、しゃべりが下手、人と会うのも嫌という人もいると思います。物販は、そこが全部クリアできるのですよね。今は「家にいて」という話ですけれど、家にいながら、パソコンと通信環境で世界の物販ビジネスができるのです。こんなビジネスないですよね。それがリスクなく、少ない時間でできる。自分の好きな時にできるのですよね。家に帰って、ご飯食べて、風呂に入って、これからちょっと寝る前に時間があるという時にやればいいのです。こんなビジネスって、たぶんないと思うのですよね。そして、鴨頭さんの情熱ある人生の話を聴き、やる気が出たところで、私のノウハウをやってもらうと、最強にいけると思います。

URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top