fbpx

ブログ

【新型コロナ 緊急経済対策】特別定額給付金 給付金 10万だけでは足りない サラリーマン主婦が副業 おすすめなのは物販に間違いない理由!鴨頭さんに学ぶ「陰で悪口」

【新型コロナ 緊急経済対策】特別定額給付金 給付金 10万だけでは足りない サラリーマン主婦が副業 おすすめなのは物販に間違いない理由!鴨頭さんに学ぶ「陰で悪口」

生徒
生徒
今回もですね、門坂征美が語るシリーズで動画を撮りたいと思います。
安倍総理が会見をしました。現金10万円給付という会見だったんですけど、これについて、門坂さんの意見を頂けたらと思います。
門坂 征美
門坂 征美
私はそういった、意見を述べるような立場ではないんですけど、一市民として、お話させて頂きますけども、今回の判断はやっぱり、良かったと思います。ただし、やっぱりスピードが大事で、やはり、こうゴテゴテに回っているというところがあります。世界を見ればですね、アメリカでは、もうお金が振り込まれているという状態なんですよね。そのスピード感を見て頂いたら、日本はどれだけ遅いのか、これから5月6月に入ってくるという話なんでね、やはりもっとスピード感を持ってやって、まずそれをやって、次の段階ですよね、それで臨機応変に対応出来るのが一番良いパターンだと思いますので、金額がどうだとか、誰にあげるのというよりも、まずはやる、というところが大事かな。これは、物販も一緒なんですよね。どの物販が良いのかというのを探しているのと一緒で、これだと思ったらすぐやる。やって駄目なら変えるとか、いうところになりますので、同じような感じになると思うので、今回の決まった10万円というのは、私としては賛成ですね。
今回はですね、こういった経済の話もしていますけども、やはりそういった中で皆さんに今のこの状況の中で、じゃあ何が出来るのかということで、皆さんにお伝えしますので、最後までですね、ご覧頂きたいと思います。
生徒
生徒
今回、当初は30万円という給付の案がありました。そして10万円に下がって、尚且、手を挙げた人だけっていうようなお話もあります。これについて、何かコメントを頂けたらと思います。

門坂 征美
門坂 征美
まず、30万円といったんですけど、誰がもらえるのか、誰がもらえないのかというのが基準が分からないし、それで線引きするというのは、まず無理だと思うんですよね、日本全国。これは前回も覚えてるんですけど、10年前に12000円のね、全員に配るというのがありました。しかしあれは金額が金額だったので、皆さん、何も記憶が無い割にすぐ終わってしまいました。今回は10万なんでね、一人に対して10万円なので、それなりの金額ではあると思います。麻生さんが言った、手を挙げた方とか、富裕層の方はもらわないでしょうとか、あれはね、言わなくて良いことなんですよね。あんなこと言うから、また大変なことになると思うんですけど、一律ね、10万配って、それで、まずは全員にそれを配布して、その次にそれでも大変な人はどうするのか、という感じで、段階的にやっていけば良いことだと思いますね。こういった状況を人のせいにしていたら、何も変らないということですね。ウィルスのせいにしても仕様がないし、国のせいにしても、国のせいでもなんでもないのでね。やはり、自分で何が出来るのかというのを考えてやっていく。ですので、収入が減るんでしたらどうやって収入を増やすのか、ですよね。もらえたらもらえたで、それは良いと、それをあてにするというのは駄目だと思いますね。ですから、それ以上の稼ぎを自分で、じゃあ何をするのかというところで、やはりネットビジネスというのが今ね、この在宅で出来るという、本当に素晴らしいものがありますので、そういったことにチャレンジして、自分で稼いでいくということをするというのが、今の一番時代に合っているかなと思います。
生徒
生徒
私もよくそういった類は、門坂さんに色々教え込まれました。この2年くらいで、すごくそのマインドを教えられました。やっぱりこの10万円を給付された時に、もちろん生活の苦しい方は、生活に充ててもらうというのが大、大前提なんですけども、例えば、この10万円をもらっても生活に苦しくない方というのは、じゃあこれを消費で使うのか、もしくは投資で使うのか、これで分かれてくると思いませんか。
門坂 征美
門坂 征美
そうですね。これは人によって使い方は変わってくると思うので、それで消費に使われれば、経済もまた回っていくわけですし、それを投資に回されると、またそれはそれでそのビジネスになりますので、やっぱりお金というのは回すものだと思ってるんですよね。貯め込んでしまったら駄目なので、お金はずっと回して経済も良くなるし、全てが上手くいくと思うので、是非皆さんもですね、タンス預金するのではなくて、消費であったり、投資、あとビジネスに掛けるとか、そういうところに投資していくというところが大事かなと思います。
生徒
生徒
よく、僕が門坂さんに教えられたのは、自己投資をしなさいと、よく仰ってくれるんですよ。例えば今回、10万円もらえるのであれば、自己投資、自己投資というのは知識をつけたり、スキルを身につけたり、ノウハウを学んだりという、そういうところに対してお金を使いなさいと良く言われるんですけど、じゃあこの10万円があるとするなら、どういう風な、何もビジネスを知らない方にとったら、どういう風な感じで投資すると有効的だと思われますか。
門坂 征美
門坂 征美
そうですね、10万円というのが今回の基準になってますけれども、やはり、それを増やすという意味では、これは銀行に預けても、利子はどれくらいになるかという話ですよね。それであれば、それを使ってですね、お金を増やすというのは、やはりまず、そういったノウハウ、コンテンツというのを学ぶ、学ぶために投資をする、それは、一つ勉強をするということで本を買うというのも良いですし、色んなところに教えてもらうためにお金を払う、しかし、その10万円を投資することによって、それが、毎月20万、30万円になるのであれば、もう1ヶ月でPayできるわけですよね。私も塾というのをやっていますけれども、塾もお金をもらってやってますけども、それを1ヶ月、2ヶ月で、もうすぐPayしている人もたくさんいますので、そういったところに投資をするというのは、本当に大事かなと思います。
生徒
生徒
ちなみに、門坂さんはどんな塾を運営されていますでしょうか。
門坂 征美
門坂 征美
私はですね、ネットビジネス。在宅で出来る中国輸入というのを、全体的に教えています。特に初心者の方に関しては、無在庫というのを推奨しているんですけども、資金が要らない、時間を使わない、そして、何といっても商品もたくさんある、そういった意味でも簡単に出来る、本当にいい事ずくめで、そこに投資するというのは、最善な考えであって、一般的に色んなビジネスをしたりとかですね、例えば店を開業するとかなったら、多額な金額が要ります。もし失敗したらというところもあると思うので、そういった意味で私の推奨する中国輸入の無在庫というのは、リスクが無いです。借金をするということも無いですし、そういったビジネスに投資していくというのが、本当に大事かなと思います。
生徒
生徒
この、中国輸入というのは、メルカリ、ヤフオク、BASE、もしくはアマゾンも出来ますし、楽天、ヤフーショッピング、ワウマという本当に色んな販路がありますよね。
門坂 征美
門坂 征美
そうですね、日本には、もう数十くらいの販路というのがありますので、そこに合わせた販売方法であったり、戦略というのがありますので、そういったことを学んで、本当に初心者の全く知らない方、私のところにはですね、パソコンも使ったことがないという方も何人もいます。ですから、そういった方でも普通に出来るビジネス、そこまで誰でも出来るコンテンツというのを作っていますので、そういったものに投資して頂くと、あなたも絶対にですね、今以上には生活も変わってくると思いますし、それを成功させればですね、その副業の柱だけで食べていけるということになるので、そういったところにチャレンジするというのが大事かなと思います。
生徒
生徒
ありがとうございます。今回もですね、色々参考にして頂いて、詳しくは門坂さんが動画たくさん上げていますので、それを参考にして頂けたらと思います。最後にですね、鴨頭さんの動画について、今回もコメントをして頂けたらなと思います。今回の鴨頭さんの動画のサムネイルがですね、仕事ができる人、陰口の天才っていう感じでね、仕事ができるほど、陰口の天才というタイトルなんですけど、僕の認識では、あんまり文句を言ってはいけないとか、陰口を言ってはいけないという風に教わってきたんですけど、このタイトルについて、どう思われますか。
門坂 征美
門坂 征美
これは難しいタイトルですよね。普通はこう、私の中では人の悪口というのは、人間というのは、悪口とか噂というのが好きなので、そういうのはすごく広まるんですよね。ですから、本当にこの悪口を言ったら、絶対に自分に返ってきます。これが本当に怖い話で、だから、悪いことも、話はみんな興味があるんで聞くんですけど、逆にそれを言うと、最終自分のところに何かしらで返ってきます。だから、基本は言わない方が良いです。ここで言う、仕事ができる人の悪口、陰口というのは、良い風になるような陰口なんですよね。上手く持っていく、そういうやり方っていうのがあります。だから、陰口というのは広まるんですけども、それは良い方の陰口でやる。それは褒めるとか、こういったこともそうなんですよね。直接褒めるよりも、周りから褒められる方が効果が全然違うんですよね。例えば、上司から直接言われるよりも、友人から、上司がこういう風に言ってたよと言われたら、嬉しいんですよね。こういう使い方が出来る人は成功、仕事の出来る人なんですよね。ですから、人が見てないところを見ているというのを人を通して伝える、そうすると、あっ、見てくれてるんやな。というね、こういうビジネスのテクニックというのがあるので、仕事の出来る人はそこまで繊細にやって、直接言うのではなくて、人を介して褒める、こういったことの陰口ですね、これが天才、天才というか、こういうことをやることが、効果が出るということですね。
生徒
生徒
そういう意味ですね。僕もタイトルを見た時に意味が分からなかったんですけど、例えば、陰口というのは、文句じゃなくて、要は裏で言うことじゃないですか。だから、裏を通して褒めておく、誰か、第3者にその褒めてたよ、言ってたよ。というような感じで良いんですよね。
門坂 征美
門坂 征美
これが一番、効果があるんですよ。直接すごいね、と言われるよりも、自分の同僚から、課長がこんなことを言ってたよと言ったら、えっ、そんなこと言ってたんや。普段何も言わないのに。って、めっちゃ効果があるんですよね。これが仕事のできる人の陰口ですよね。

URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top