fbpx

コラム

かどさかまさみの4日間転売無料講座

*門坂征美公式無料メルマガ

◆人生って偶然?必然?

◆人生って偶然?必然?

こんにちは かどさかです。

 
私も50年以上生きてきて
楽しいこと苦しいこと悲しいことびっくりすることなど
いろいろな経験をしてきました。
 
その中で今でも不思議?
何か自分の中で守られている感覚?
先祖や周りの人たちに生かされているというのがあります。
 
何故かと言うと
 
今までに何回か私は危険な場面に直面していますが
ほんのちょっとの差で
命を落とさずに済んだという経験があります。
 
それも1回ではなく何回も
 
最初は高校生の時で
学期末の大掃除に2階のベランダで掃除をしていた時のことです。
 
その学校は窓の外に少しベランダがあり
ベランダと言っても囲いもなく少し長いコンクリートのひさしで
普段は危ないのでそこには出たりしないんですが
掃除ということでベランダに出て掃除をしていると
一瞬 黒いものが上から落ちてきて
2階のコンクリートのひさしにぶつかり
下に落ちていきました。
 
一瞬の出来事で傘でも落ちてきたかなと思ったんですが
コンクリートのひさしに「ごん」というなんとも鈍い音をたて
落ちていったのでただ事ではないと下を見ると
3階から同じく掃除をしている生徒が足を滑らせて
落ちてきたんです。
 
その落ちてきた所が私の立っているすぐ横だったので
後数十センチずれていたら・・・・
運が悪ければ巻沿いになり、一緒に下に落ちていたかも知れなかったんです。
 
考えるとほんと怖い
 
幸い下が芝生だったため、落ちてきた生徒は骨折だけで済みました。
 
他にも車を乗ることで事故を経験すると思いますが
私は今までに事故で大怪我をしたり
大怪我をさせたことは一度もありません。
不幸中の幸いです。
 
しかし事故は幾度と無く経験しています。
その中で
車を乗り始めた頃です、友達と深夜のドライブで
家のボロい車に乗って走っていた時のことです。
 
私は若い頃、前に車がいるのが嫌で
常に車を追い抜くというハンドルを握ると性格が変わる
まさしくその通りでこれをドレス効果と言うそうです。
AE86と言うスポーツカーにも乗っていたので
心理的に飛ばしたがるそうです。
 
今は安全運転でゴールド免許です。
ご心配なく
 
その時は深夜で国道には大きなトラックばかり走っており
当然抜かしたい症候群に駆られ
トラックを追い抜いて走っていました。
ある赤信号で先頭に止まった時です。
 
次の瞬間
「ド〜ン」と大きな音ともに
2台後ろのトラックが後ろのトラック後方にぶつかったんです。
居眠り運転でそれもノーブレーキで
2台共大きなトラックで
後ろのトラックかなり大きかったこともあり
私の車は全然被害を受けず大丈夫でした。
 
すぐに車を降り事故を起こしたトラックを見ると
前はグシャグシャで運転手が挟まれている状態
すぐに電話をして救急車を呼び対応しましたが
命は大丈夫だったと思います。
 
もし私がこの時トラックを追い越していなければ
私はここに存在していないという事実
後で恐怖がこみ上げてきました。
 
後ろのトラックを抜いていなければ
私の車は挟まれ影も形もない状態だったかも知れません。
 
これは運でしょうか?
 
 
他にも自分が普通に運転していても
相手がぶつかってくることもあります。
 
交差点を信号無視して猛スピードで私の車の後方にぶつけられたこともありました。
相手はおじいちゃんで完全な信号無視
 
私の車はビリヤードのように後方を猛スピードで
ぶつけられたお陰で車は宙を舞い
カースタントのように転げて止まりました。
 
当然シートベルトをしていたので大丈夫でしたが
周りの見ている人いわく少しでもずれていたら家にぶつかり
終わりやでと駆け寄ってきてくれ、びっくりした表情で伝えてくれました。
私は何がなんだかわからない状態で
 
ただ、あたった瞬間はもう終わりだと一瞬考える時間があり
不思議な感覚で身を任せるしかない状態でした。
 
しかし、幸い怪我もなく良かったのですが
車は左右のドアミラーは無くなり、
車はボロボロになってて当然廃車となりました。
これもほんの少しのことで助かりました。
 
他にも高速でトンネルを抜けるとドシャ降りで
慌ててブレーキを踏み高速スピンをして車は廃車
 
この事故前に少し眠かったので直前のサービスエリアで
仮眠をとってからの走行
しかも、シートベルトをし忘れていた
けれども運良く軽い頭をぶつける程度の怪我で済み
車がぶつかったところが中央のガードレールのくぼみだった為、
大事故には至らず
 
車はなくなりましたが命は救われました。
 
他にもまだ同じようなことがあります。
 
ホント事故なんですが
ちょったしたことですべて大事故にならず
大怪我もしていない
そして誰も怪我をさせること無く生きてきました。
本当に死んでもおかしくない場面に何度も直面している。
 
しかし、こうして生かされている。
 
私はこの事は全て偶然ではなく
必然的だと思っています。
 
それは先祖や周りの人たちに守られている
そして生かされているのだと
この事に感謝しなければいけないと思っています。
 
なので、私は生かされている以上
悔いの残る人生を送りたくありません。
 
先日にも書きましが
人生の最期に思うこと
それは「あの時あれををやっておけばよかった」という
後悔の念です。
逆にチャレンジして失敗したことは後悔はしないんです。
 
ですので、今チャレンジできる環境にいる
あなたも自分がやりたいことを
諦めるのではなく、やはりチャレンジして
悔いの残らない人生を送ってほしいと思います。
 
ホンダの本田宗一郎さんが言った
「チャレンジして失敗を恐れるよりも
何もしないことを恐れろ。」
という言葉はまさしくその通りだと思います。
 
あなたも40代、50代仕事をしていて
このままで良いのかと人生について考える時期ではないですか?
 
私は40代後半にそういった時期があり
本当にこれからの人生はこれで良いのかを
常に問いただしてきました。
 
そして、決断し雇われる環境から抜け出し
独立して自分の可能性を確かめるべく、
本気の覚悟でやってきました。
 
もちろん失敗することも沢山あり
挫折しそうなことも経験し
大変苦労はしてきました。
 
しかし、人間本気を出し
諦めずに前に進めば必ず道は切り開かれますし
何よりも「あの時あれをやっておけば良かった」という
後悔の念はありません。
 
ですのでこれを見ているあなたも
まだまだ本気を出して行動をしていないのであれば
 
失敗を恐れずチャレンジすること
 
それがあなたの人生を大きく変えます。
 
これは間違いないです。
 
先祖や周りの人に感謝をして
私はまだまだチャレンジしていきます。
後悔のない人生を送るために
URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top