fbpx

コラム

かどさかまさみの4日間転売無料講座

*門坂征美公式無料メルマガ

◆何が何だか分からない

◆何が何だか分からない

こんにちは。 かどさかです。

中国輸入をしていて、しっかりと理解を
しておかないといけないのが中国の習慣や文化

私も中国輸入をして今年で3年目になりますが
まだまだ理解できない部分はあります。

それは「所変われば品変わる」
と諺にあるようにいろいろあります。

私が中国輸入を始めてすぐにアリババから仕入れをした時のことです。

仕入れた商品の数が注文した数と違うことも

注文の数が何千とかになっても当然検品で
数を数えるんですが若干多かったり、少なかったり?
いい加減ですよね。
多いのは良いですが少ないのは困ります。
ではなくきちっと数えてよね。

また、500着とか衣類を注文すると
途中で生地が変わることも

検品をしていると何処かのタイミングで
生地が変わっている?

代行業者を通じて仕入先に問い合わせてもらうと
途中で元の生地が無くなったので
違うもので代替えしたと

えっ てなりますよね。

その後の答えが
色が一緒でしょ!何が悪い!
日本ではありえない考え方です。

他にも100着頼んだ衣類が
到着して検品すると服がカビだらけ
数えると50着以上・・・・

当然写真を撮り代行を通して仕入れ先に連絡

帰ってきた返事は輸送した時になったので
問題あるかの返事

ただこちらもこのままではいけないと食い下がる。

そうすると
わかった半分だけ保証しようとなる。

これで良いのか?
しかし工場の言いなり

これは聞く所によると
商品を購入するお客様のほうが優位ではなく
販売している工場やショップの方が強いというのが
中国の考え方だそうです。
売ってもらっているの精神

まだこれは対応してくれたので良い方で
他の商品で20個ほど破損していたのでクレームを入れた時の話

代行を通して連絡を入れてもらうと工場からの返答

幾つ買う?の返答

こちらは何?となる。
要は破損して足りないなら、新しく幾つ買うと言ってくる。
謝罪はなく、淡々と答えてくる。

日本でこんな対応あったら マジギレ

で結局この工場は無視して
違う工場で手配する。
無駄な時間は使わない。

またタオバオでも買付すると
まずはじめの返事「商品あるよ」の答えが返ってくる
しかし、数日後「やはり商品無い」の返事
当たり前のように言ってくる。
しっかり物も見ずに返答してくる

それで振り回されることも
そもそもショップの表示が在庫ありになっていても
無いことも多々ある

こういったビジネスにおける問題も
当たり前のように起こります。

日本人サラリーマンを長くしてきた者には
国の違いでここまで違うのかとびっくりする。

しかし、日本の常識は世界の常識ではないので
それぞれの国の考えを十分理解した上で
交渉する必要がある。

と言っても販売する先は日本
現在は輸入代行業者がこういった問題を潰すために
中国の代行業者の段階で簡易検品をしてもらって
殆ど不良品ははじかれるようになりました。

中国本土内であれば返品もできる
しかし、送料はこちら持ち
これも考えれられないがこれが普通

日本まで商品が来ると返送するのにお金がかかる
なので泣き寝入り

トータルでどうするのが得策かで考える

しかし、取引を沢山していると
色々なショップがあり、平気でサイズ違いや
デザイン違いを送る店もあり

全く違う商品が届くと嫌がらせかと思うほど

こういった中国の当たり前を日本基準にするために
代行業者の選定は慎重にしたほうが良いです。

これによって良い商品が仕入れれるか決まってきます。
そしてショップ選びも大事なので勉強して下さい。
ただ、買ってみないとわからない部分はあるのであしからず。

まぁこういったことでビジネスをしていると
初めはびっくりします。

ただ勘違いしないでくださいね
今は日本人向けにしっかり対応する工場やショップも
増えてきましたし、商品の品質も断然上がっています。

これから始めようとしている人が躊躇しないように
フォローしますがこの話はイレギュラーで
こういうことも沢山取引をしていると起こり得るということです。

ですので、中国輸入はこれからドンドン伸びるビジネスだと
思いますし、副業では本当に再現性の高いビジネスだと思います。

PS.ビジネス以外でも
・デパートでトイレの大がオープン形式になっている
 (要は垣根は全く無く フルオープン 勇気いります)
・空いている列には平気で割り込みされます
 (入られる方が悪いの考え)
・包装がない文化 入れる袋はくちゃくちゃ
 (これが中国基準)
・物事を言うときははっきりしている
 (日本人みたいに裏表はない)
・自己中心的な考えがある
 (ファーストフードで床にゴミが散乱 皆平気)
・一度信頼を築けば何よりも固い絆が出来る
 (紹介してもらったら親しくすることが重要 工場など)
・現金は持ち歩かない 電子マネーの普及
 (偽札の横行を防ぐ 国の政策)
・電車などの交通機関の時間が遅れることも
 (15分〜30分は平気で遅れることも)
このように中国に行けば沢山の驚きがあります。

URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top