fbpx

コラム

かどさかまさみの4日間転売無料講座

*門坂征美公式無料メルマガ

◆知っているか知らないかで大きな差となる

◆知っているか知らないかで大きな差となる

こんにちは。 かどさかです。

本日より8月夏真っ盛り
気温も上がり35℃超え
暑いですね〜

あなたも夏バテ、熱中症対策してますか?
こまめな水分補給をして、この暑さを乗り切って下さい。

今回は知っているか知らないかで大きな差となる事に
ついて少しお話を
これを知るだけでいろんな意味で得をしますよ。
続きは後半で・・・

そういえば、最近セミが一気に鳴き始めました。
セミの一生は短いといいますが、
地上に出てきて1週間しかない
意外と知られていないのが
その前の土の中には3年から17年もいる事。

種類によって違いはあるんですが凄いですよね
3年も地中にいるなんて

私も物販ではまだまだ土の中ですか笑笑

先日道を歩いていたらセミの抜け殻を見つけ
一人感動していました。

昔はよく森などに行けば沢山見かけ
中にはまだ抜け殻にセミが入っている幼虫を見つける時も
このセミの抜け殻が動くと
なんとも言えないミニ怪獣のような
不思議な感覚になります。

滅多に目かける事はないですね。
そんな経験したことありますか?

そのセミも地上に出て1週間ですが
天敵が多いため長生きできないそうで
また、地上に出てくるのは子孫を残すため

鳴き声を出すのはオスのみでメスを求愛して
子孫を残しているんですって

セミの一生もそう考えると子孫を残すために必死なんですね。
私達人間も一生懸命頑張って日々生きなければいけないと思います。

さて話は変わりまして先程の知っているか知らないかで
大きな差となるですが
身近なところで行くと家電であったり車の購入
あなたはどうやって購入していますか?

まぁこれに限ったわけではないですが
例えば車の購入で欲しい車が決まった後

しっかりと市場を調べ、相見積もりをして買ってますか?

これって意外としていないんでは無いでしょうか?

私は以前ミニバンで有名なトヨタのVという車を購入する際
金額もはるので5社から見積もりを取り
値段を比べたことがあります。

400万円以上の総額なので
普通に10万から最大40万も差が出ました。

ディーラーもそんな値段が出せるはずがないと
言ってくるところもありました。

何故かわからないですがそういうこともあるのが現実。

ですのでまずその商品の市場価格がどのくらいなのか
ネットで調べる。

そしてその知識を元にディーラーに行き
全て込みの見積もりを出す。

その見積もりをベースに全く同じ条件で
他社で交渉すればOK

少し時間はかかりますが、収穫は大きいです。
何よりもその車に関して詳しくなります。
私は県をまたいででも交渉します。

このように同じ商品を買うにしても
他社との比較は大切です。
家電では価格コムを調べれば最安値や
商品のレビューなどが見れます。
当然車も
そしてリアルに値段交渉した
実績情報も載ってることもあります。

これをもとにヤマダ電機などに行き
価格交渉するとポイントを付けるなど
いろいろありますがトータルでいくらなのかで判断して購入すれば
大丈夫です。

大型テレビなんかでしたら普通に2〜3万は安くなるでしょう!
いやもっとですね。

この差は大きいですよ。
知っているか知らないか
そして、行動するだけです。

まぁ購入する際、是非お試し下さい。
やって損をすることはありません。
ただし、商品によって値引きなどの条件は変わりますので、
自己責任でお願いします。

この話は物販にも当てはまります。
中国輸入で商品を作る際
如何に安く商品を作るか大きなポイントとなります。

私は代行業者、中国の知り合いの主婦、中国の工場、知り合いの紹介の工場など
で見積もりを取ります。

何処かでサンプルを作ってからが良いと思いますが
見積もり段階で大きく値段が変わります。

ただし大事なのは値段以上に品質です。

ですので目ぼしい所にサンプル依頼をして
最終品質と値段のバランスで決めていきます。

これは経験になりますが、ホント商品により
品質と値段は変わり、絶対にここというところはありません。

時間はかかりますがしっかりと相見積もりを取って
品質と値段のバランスを考え決めれば
これが後々商品を販売した時に価格競争や利益に響いてきます。

商品を作る時や商品を購入する際
ここはしっかり抑えておいてください。

それが積もれば大きな差となります。

普段の買い物もちょっとしたことでお小遣いが増えるかも

PS. 私が前職の店舗開発部にいた頃は店を建てるのに1億以上かかっており
数社と見積もりを取り比較すると軽くその差は1000万円を超えてましたね笑

URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top