fbpx

コラム

かどさかまさみの4日間転売無料講座

*門坂征美公式無料メルマガ

人は人間だから何事も信頼関係!

人は人間だから何事も信頼関係!

こんにちは かどさかです。

梅雨もあと少しで開けそうですが
まだまだジメジメしていて気分もすっきりしないですよね。
本日も雨 良いことなし 雨は嫌いです。

早く梅雨明けして、夏本番に突入したいものです。

話は変わって、私のサラリーマン時代の話を

私は平成元年に入社して飲食の道(FR:ファミレス)をアルバイトを含め
30年以上経験してきました。

その中で40代に本部勤務となり
店舗開発部という畑違いの部署で4年間働いたことがあります。

店舗開発部というのは
レストランの料理ではなく、店舗を作る全く素人の私にとって
大変なことでしたが、人間的成長ができる良い経験をさせてもらいました。

仕事内容は多岐にわたり
店舗の新築、改装、閉店作業そして店の全店舗のメンテナンスを
初めの3年は一人で100店舗規模のチェーン店を担当をしていました。

サラッと書きましたが
これが地獄のような忙しさで
年間で新店7店舗オープン、5店舗改装、3店舗閉店など
稟議書だけで年間300枚以上書きあげる。

これだけで大変な仕事なのに
そこにメンテ

このメンテが半端ない、店の冷蔵庫やエアコン、水漏れから
漏電、皐月の剪定からネズミの駆除、駐車場の白線引きなどなど

全くの経験のない者が全てを管理していくわけです。

メンテの電話は24時間私の携帯にかかってきます。
朝の4時であろうが、はるか遠方の石川の輪島近くの店舗から

「冷凍庫が止まりました」なんとかして下さい

当然寝ている私は飛び起き対応するわけで
休みやプライベートもあったもんでない。

しかし、使命感の強い私は事情を聞いて
最善策を指示して対応をするわけです。

これが冷蔵庫ならまだ
冷凍庫となるとFRの冷凍庫は4帖ぐらいの広さがあり
人間が入れる大きさで
温度はー20度

ずっーと入っていたら完全に凍死です。
(夏は冷凍庫に入ると一瞬でクールダウン笑笑)

また、壊れるのがほぼ夏で
冷凍商品が溶けて大変な事態に
営業もできなくなる

まず、アイスがふにゃふにゃに
そして上の段から徐々に溶けていきます。

メーカーを呼んでの対応
復旧が早く出来ない時はレンタカーを依頼し、
店の駐車場に待機して食材を管理

これが私の住んでいる京都から石川の輪島まで飛ばして5時間弱
途中レンターカー借りて店に行くわけですよ

行ったら行ったで食材の移動
その後エンジンを掛けた車を
放っておくわけには行かないので
車の中で待機

こんな仕事を24時間していました。
いろんな意味でこの経験は
勉強になりました。

その後の1年間は同じ店舗開発部でも
用地開発と言って
100店舗ある店の賃料交渉や新店を建てるときの
地主さんや建築会社などと話をする仕事です。

賃料交渉は3年に一度で年間約30店舗を対応します。

地主さんというのは様々で会社でしている法人や
個人のおじいちゃん、手広くしている個人資産家など
いろいろです。

その人達に半年前ぐらいからアポをとり
交渉に行くわけです。

ある岐阜の地主さんのところに行くと
やはり70歳以上の高齢の方で
すごく紳士的で
優しそうな方でした。

交渉の基本は如何に信頼関係を作り、
気分良く賃料を下げてもらうのが狙いです。

これを担当者によっては
初めから賃料の話をして
門前払いになることもしばしば

ですので、まずは軽い挨拶から天気の話に入り、
相手の話を徹底的に聞き信頼関係を作るのです。

そうすると大体お金の運用や戦争の話が出てきます。
70歳以上の方は戦争経験者が多い
戦争の話は鉄板です。

また、周りを見ると若いときの軍隊姿の写真が飾ってあり、
それを見て空軍?陸軍?海軍?を知るわけです。
たまに軍刀が飾ってあったり(怖っ)

その時も案の定、資産運用の話から始まり
私にお金の増やし方について聞いてくるんです。

通帳を持ってきて中身を見せここに2億円あるんだが
孫のために何とか増やして渡したいと・・・・

私は見たこともない数字に目が点になり
苦笑いしながら、

「専門家でないのでちょっと」

と交わして話題を変える。

その次に延々と戦争の話を2時間から3時間
聞いて話を合わせます。

ここまでいってやっと最後の
地主さんの気分が良くなったところで

「そろそろ本題の契約の話を・・・」

と切り出し気分良くそうかそうかと
話を聞いてもらい
契約書に減額でハンコを押してもらうわけです。

これで月10万、年間120万円減額(ありがとうございます)
これが10店舗あれば年間1200万円減額=利益なのです。
しかし私の給料は増えません。涙涙

この様に話の構成は9割は世間話
最後に1割で交渉という
本当に神経を使うお仕事です。

やはりこの経験で得たもの
人間は信頼関係ができると
物事を受け入れやすいということ

ですのでこれは普段のビジネスにも使えます。

インターネット物販での販売は顔が見えません。
ですので、信用してもらうために
しっかり説明文を書く(店舗、取引の注意事項、商品説明など)
売れている事実を見せたり、
文章で誠意を見せること(即日配送や返品対応など)
購入されたらお例文
こういった事が後にリピーターとなることもあります。

大事なのは
お客様への配慮が大事です。

そして、あなたがこれから物販をしようとしている
また、少し始めているがうまくいかないなど

いろいろ悩んでいる人

そういった方はやはりしっかりとした成功者に
教えてもらい進めていくのが得策です。

何故ならばやり方や壁にぶち当たった時に
聞ける環境があるのと無いのとでは
全く成長度合いが違います。

それよりも挫折してしまう確率が高いです。

ですので、本当にこれから安定した副業の柱や独立を
目指しているのであれば

まずは信頼できる人を探すこと
この人の言っていることは正しい
この人が行動していることは本物
この人なら信用できる

こういった人を探して一緒にビジネスをするべきです。

それがあなたが成功する第一歩だと思います。

何事にも信頼関係は大切です。

URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top